自宅で行なう時の注意

自宅での葬儀は労力が必要

葬儀の規模が縮小していることを受けて、昔のように自宅で葬儀を行う人が増えました。しかし、自宅で葬儀を行った人の中には、準備にかなりの労力を使ったと言う人もいます。会葬者への気遣いもかなり必要です。 そう言うこともあって、斎場の利用者はどんどん増えており、地域によっては斎場を選ぶ人が9割以上にもなると言われています。地方では、自宅で葬儀を行うことも都会に比べれば多いですが、今後は斎場支持派が増えると予測することができます。 斎場にも色々あって、公営や寺院経営のところも存在します。しかし、葬祭業者が運営する斎場は人気が高く、将来的には葬祭業者が運営する斎場が、ほとんどを占めるだろうと考えられています。

都市部では予約が取れない斎場も多い

斎場で葬儀を行うメリットはかなり大きいですが、自宅で行う時とは違う問題が出てくることもあります。自宅で葬儀を行う場合は、当然ながら予約など必要ないので、そこについて心配する必要はないです。しかし、斎場は時期によっては、葬儀の予約が取れないと言うことが少なくありません。 一般的に、寒い時期になると高齢の方は亡くなる人が多くなると言われています。最近では、斎場で葬儀をする人がたくさんいると言うことで、予約が取れなくなる可能性が高まります。特に、都市部では予約が取れないところが増えてきています。 こぢんまりとした式であれば、準備は自分たちでする必要がありますが、自宅で行うことも視野に入れておきましょう。