近年人気の供養

少子化の影響で永代供養を望む人が増えるようになった

永代供養とは、寺院が永代にわたり供養することを言います。 最近、永代供養を希望する方が増えています。 理由としては墓を継承する子がいないために、死後の供養を期待できないことなどが挙げられます。 死後、墓守をする人がなく墓が荒れ果ててしまうといったことを危惧して、そのような形態を希望するわけです。 それに伴って、永代供養墓などを売るお寺も増えてきています。 永代供養墓とは、永年にわたる供養と管理が約束されている墓のことであり、従来のお墓とは大きく異なっています。 お彼岸の季節になると家族で先祖の墓参りに行くというのが一般的な風景でしたが、少子化や核家族化などの影響により今後その形は大きく変化することが予想されます。

今後のお墓のあり方は大きく変化することが予想される

永代供養の料金は寺院によって異なりますが、10万円から100万円が相場だと言われています。 そして永代供養墓は、墓石代などがかからないこともあり、30万円から50万円が相場だと言われています。 さらに、屋外施設型、屋内施設型、墓石型など様々な形態があります。それによっても料金は変わってきます。 しかし普通のお墓との違いは同じで、共同で一つのお墓に安置されることになります。 そのような形態を嫌って永代供養をしてもらうという考える人もいます。 しかし、永代供養の場合あくまでも一定期間お寺や霊園が管理するので、お墓が管理することができなくなると、無縁仏になってしまいます。 そこで、そのようなリスクをさけるために永代供養墓を希望する人が増えているのです。